マイクロフォーサーズを最初に買うときって大体キットレンズのセットを購入しますよね?

サブ機やボディーの買い替えならいざしらず、いきなりカメラボディーとレンズを別々に買う人は少ないと思います。

 

最初はキットレンズで十分満足なんですが、徐々に物足りなくなってくるんですよね。

あんなものも撮りたい、こんなものも撮りたいという欲求がどんどん出てきます。

そのときに考えるのが新しいレンズの購入です。

 

しかし、レンズにはいろいろ種類があってどれを選べばいいかわからないという人も多いんじゃないかと思います。

そこで今回はキットレンズの次に買うべきおすすめのレンズを紹介したいと思います。

 

 

オリンパスのPENやEM10 markIIなどについてくる標準ズームレンズは14-42mm F3.5-5.6 EZだと思います。

ルミックスのGX-7 MK2では12-32mm F3.5-5.6ですね。

 

これらの標準ズームレンズに新たにレンズを買い足すと考えると、おすすめはマクロレンズ望遠レンズです。

同じ画角のレンズを買い足すよりは他の画角もしくは特徴的なレンズの方が違った写真が撮れるので絶対に面白いです。

以下にそれぞれのレンズの特徴と、どういう人におすすめかを書いていきます。

 

 

マクロレンズ

マクロレンズは肉眼では見られないものを撮影することが出来ます。

http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_macro_30/

 

もっと背景のボケた写真が撮りたい!」という人にもおすすめです。

キットレンズはそれ程明るくない(F値が大きい)レンズなので背景のボケた写真を撮るのは少し難しいですね。

 

それに対し、マクロレンズは明るいレンズが多いので背景をボカしやすいです。

画角は標準のものが汎用性があって使いやすいと思います。

 

G MACRO 30mm/ F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S. H-HS030

標準の画角でF値も2.8と明るいのでとても使いやすいレンズです。

 

 

望遠レンズ

望遠レンズはモノの一部を切り取って撮影できたり、スポーツや野鳥撮影などにも使えます。

 

動物園で柵から遠い動物もアップで撮影できます。

 

望遠レンズにするなら明るいレンズがいいです。

望遠になると手ぶれの可能性が高くなります。

明るいレンズだとシャッタースピードをあげることができるので手ブレしにくくなります。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

このレンズはF2.8通しの明るいレンズです。

35mm換算で80~300mmとかなりの望遠です。

 

 

ミラーレス一眼はせっかくのレンズ交換式なのでレンズを替えて楽しまないともったいないですよ!

レンズを変えれば写真の世界がもっと広がります。

 

 

このブログは今何位??

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ